東京都東村山市のH.I.O.スペシフィック・カイロプラクティック|上部頸椎調整法により様々な苦痛を取り除きます

コラム

2019/10/31

タイトロン検査での説明不足を実感

スペシフィック・カイロプラクティックでは

患者さんの状態を検査するうえで

二種類の検査をします

一つ目はタイトロンで背中の左右の温度差を計り

どの部分に!どのくらいの負荷が掛かっているのかも測定して
その患者さんの状態を調べます

 

 

次に、姿勢分析とハイローテーブルで身体の歪みや可動域などを検査します。

 

 

今回、患者さんに指摘されて!

最大の反省をしています(+_+)

 

タイトロン検査では 調整前にする検査をPREと言います

調整が終わり、30~60分休んでいただいた後に

する検査をPOSTと呼びます。

 

このPOSTは、カイロプラクターの調整が上手く出来たのか、

失敗が無かったのか!を

検証する事が目的なのですが…

 

患者さんには丁寧な説明をしていなく
{グラフがきれいになったから大丈夫ですよ!}と

 

大事な!!!
い・ま・か・ら良くなっていきますよという言葉をを省いていたようです。

 

検査データーが良くなれば治っている!と解釈された方がいました、

グラフがきれいになっても、長年痛めた部分的な症状はすぐには消えません

 

{一時間も寝れば… 体温が上がって当たり前!と言う指摘もありました}

 

もし調整にミスが有れば!

一時間寝てもほとんどグラフに変化はありません…

 

寝て治るなら、8時間寝た朝一の患者さんは検査に異常は出ませんよ

{寝て治る身体なら、カイロプラクティックは必要ありません}

 

もう一度言います、POSTは調整方法が間違っていなかったかを検証するものなのです

カイロプラクターの技量を見るためなのです。

 

ですから、患者さんによってはグラフがきれいになっても

痛みが残っている場合の人は、カイロプラクターに対して不信感が生まれたようです。

 

今後は、その点に気を付け、分かりやすく説明をしなければと反省いたしました。

 

 

 

 

ご予約・お悩みに関する相談もお気軽に

ページの先頭へ